『余命心理狂-詐欺師の妄想ブログ』-53

説明責任

えーーーーーーと。
ブログNo.2612 平成30年7月22日
この説明責任をブログにアップしてくれねーかなぁ

神奈川県民
ご存知かとは思いますが、朝日新聞デジタルにこのような記事が掲載されています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「在日コリアン理由に懲戒請求」弁護士2人が損賠提訴
北沢拓也 2018年7月12日21時28分
弁護士に対して大量の懲戒請求がされている問題で、東京弁護士会の金竜介、金哲敏の両弁護士が12日、「在日コリアンであることを理由に、根拠のない懲戒請求を受けた」として、請求者数十人に損害賠償を求める訴訟を東京、静岡の両簡裁に起こした。都内で会見した金竜介弁護士は「1文字の姓の弁護士を選んで、懲戒請求をしている。明らかな人種差別だ」と述べた。
金竜介弁護士は会見で「ネット上の匿名の人種差別も問題だが、分別がある社会人がなぜ、自分の名前や住所を書き、ハンコを押して懲戒請求したのか。被告らには法廷で理由を語ってほしい」と話した。
全国の弁護士会には同様の懲戒請求が寄せられており、日本弁護士連合会によると、昨年1年間で約13万件が受理されている。背景には、補助金支出に批判的なブログが、懲戒請求への賛同者を募っていたことが指摘されている。

余命(羽賀芳和)の回答

.....一部60万円以下の簡易裁判所少額訴訟でうまくやろうとしたようだが、その簡易裁判所に、はしごを外されて地裁へ移送されたようだ。
さすがに簡裁も在日コリアン弁護士協会の弁護士の好き勝手にさせることは日本人世論が許さないと判断したのだろう。静岡も東京地裁へ移送されている。裁判所同士が裏でご相談ということだな。
在日コリアン弁護士協会LAZAK の日本人攻撃は第一歩でつまずいた。

ブログNo.2612 平成30年7月22日

平成30(ワ)26018
原告 金竜介、代理人 本多貞夫
被告 男(41歳、靖国奉納3,000円)
判決 「損害賠償30万円、弁護士費用3万円、合計33万円支払い命令

平成30年 10月23日 東京地方裁判所

この読者の判決説明はしないんだな。
恥ずかしくてできないだろ。
上記のやり取りを100回読め!
第一歩でつまずくどころか転がってしまったな。
トドメにこの発言、、、

それは独自にやってるから(羽賀は)関係ないでしょ
個人の判断で(羽賀の命令ではなく)やってるんでしょ
別に(羽賀は)やれと命令してないしぃ
羽賀の責任)感じるわけないよ~
自分で名前書いてはんこ押したんだもん(羽賀が押したんじゃないよ
なんでこっち(羽賀&秘書が あーだこーだ言えるの?

余命  羽賀芳和   妄想ブログ…..だよ。」
ボランティア秘書 「オメエはバカか!バラしてどーする」
上村       花柄カーテンはちょっと、、、恥ずかしイ」
五十六      「来たぁぁぁぁぁぁ!責任者ってオレか?wktk!(笑)」
ヤング      「オイオイ!未だに届く書留、送達、手紙どーすんだ?」
NHK 視聴者    「ぽっかーん」

このようにして 余命プロジェクト残党内での内ゲバ リンチ 殺し合いが始まったのであった。合掌、禮拜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。