『余命心理狂 詐欺師の妄想ブログ』-14

余命心理狂三代目 誕生、懲戒請求への流れ

2013年12月9日 初代余命先生 永眠
ご遺族から遺稿提供、情報提供の申し出によりブログ更新継続
2015年5月~ 官邸メール開始
7月 入管通報開始
官邸メール 累計 162,964,406件送信 自民党メール 累計 5,021,464件送信
2015年7月9日 入管デマ通報によりso-netのブログサービスから削除。移転。
入管集団通報 1時間=10,000件 1日=想定20万件送信
2015年12月17日 余命三年時事日記 余命プロジェクトチーム著発売開始
2016年5月25日 すみれの会設立 靖国CD奉納者募集
活動 保守系裁判支援および靖国へのご芳名奉納
寄付金想定金額 22,008,858円 ご芳名登録 3,515人
2016年7月9日 日本再生大和会設立
活動 告発および告訴 (告発支援サイト)
寄付金想定金額 18,000,000円
2016年8月14日 カミカゼじゃあの氏へに土下座謝罪
体調不良により、二代目が謝罪文を投稿。
2016年10月26日 第三次告発開始 (告発人 TBSホールデング)
ヘイトデモ禁止仮処分命令申立書「川崎デモ2016年6月5日」
2016年10月27日 余命プロジェクト合同会議
日本再生大和会の会長からのお知らせ
第一次告発、第二告発が終了。来月、第三次告発作業
第一次告発分返送。どこの誰が作ったのかと嘲笑。
受付番号なし。担当部署なし。受付の検印なし。
素人がワープロで打っての返送疑惑と一蹴。
【売国奴法は国民全部を敵に回す明らかな売国奴行為に対して適用されるものであるから一般国民は関係がない。確信的に反日行為を行うものに対する法である。】
【すみれの会、大和会と余命はまったくの別組織なのだが、靖国奉納については区別せず受け付けている】
【現状、ご寄付いただいたご寄付で十分戦うことができるのだが、振り込みファイルが遠すぎてこのところ青林堂のほうに現金書留で大和会に寄付依頼される方が増えている。そのための、新たに専用ファイルを設定する。】
2017年2月13日

第四次告発作戦が始まった
確定リスト150件 個人、団体等

ブログNo.1520BU

2017年4月13日

東京地検から返戻される

2017年4月27日 朝鮮人学校補助金支給問題における弁護士の告発。
原告団募集。賛同する方の署名捺印のお願い。
2017年5月6日 第五次2,000人告発の内容に、弁護士幹部を追加する。
別途 懲戒請求の申し立て。
2017年5月15日

第四次告発状 (151ページ)

第五次告発PDFファイル (114ページ)

ブログNo.1641

2017年6月11日 全国地裁へ25万件の告発状発送。懲戒請求書を入れると30万件
2017年8月25日 すみれの会 離脱 (桜井党首の意向に従う意)
2017年9月16日 第六次告発状印刷
2017年11月11日 今回は【東京8,000人、第一5,000人、第二5,000人、大阪4,500人等、総計34,000人の弁護士と5つの弁護士会を懲戒請求。】
2017年11月12日 通知書750,000枚。送料100万円越え。
2017年12月27日 カリフォルニアとニューヨークに弁護士事務所の準備中
在米邦人が主となる訴訟となる(慰安婦問題)来春渡米の予定。
2017年12月29日 懲戒請求を受けている弁護士幹部は年明けにも国際テロリストとして国際社会に情報公開される。
2017年12月30日 うずしお寄付受付開始。
2018年1月1日 一般社団法人 やまと開設 寄付金受付開始。

まとめ

・余命が読者1800名を扇動
・余命が書式を作り(住所、氏名手書き、印鑑押すのみ)
・各懲戒請求書は全て一旦余命のところに集められ
余命の意思で一括して弁護士会に送る。
・懲戒請求者の名前、住所等は弁護士に知られないと
・和解、損害賠償請求訴訟は放置せよとデタラメの指示
・余命は反訴を煽るが、本人訴訟で、費用負担もしないと他人事

余命本人は懲戒請求書は出していない。

以上のことを読んでから
8月14日 21時 日本テレビ
ザ!世界が仰天ニュース 「死を呼ぶ身近な危険2時間スペシャル」】を御覧ください❗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。