『余命心理狂-詐欺師の妄想ブログ』-40

結局、放置一択

神原弁護士、金竜介弁護士(代理人 田島浩等)、金哲敏(代理人 本多貞雅)の東京地裁にて、観覧したものが手元にはあるがここで、被告の実名を晒すつもりはない。
昨日の情報では、横浜、名古屋と全国で粛々と始まっているようだ。
そのかわりに余命のこの人たちの投稿への返信を載せてみよう。

HN 陵雲への返信
.....代理人を調べてみるとみな共産党関係の事務所で、同じ事務所でも別の代理人にしているところを見ると簡易裁判所少額訴訟をかなり意識している提訴であったことがうかがえる。おそらく雁首そろえて検討したのだろう。そして狙い澄ました提訴が「地裁への移送」だと....(笑い)
弁護士が法律に疎いのはわかるが、それにしてもねえ....。これは戦う前に敗訴だね。

ブログNo.2623 2018年7月26日BU

HN 菊花 HN 秀一郎 HN 不屈の精神
HN 政人 HN柏餅花菖蒲
余命からの返信はナシ

HN ゲルンジー牧場への返信
イ.佐々木亮弁護士と北周士弁護士の5月16日懲戒請求者提訴宣言から2ヶ月たっても動きがないことから、このままではじり貧とみて、在日コリアン弁護士協会の弁護士が提訴に踏み切ったのは彼らにとっては最悪の手段だった。なぜなら、ここまでLAZAKを知っている日本人はほとんどいなかったからだ。
ロ.この支援に大ポカを演じた弁護士グループが反日と共産党関係だったということ。
ハ.この事案の関係は簡裁では扱わないことを簡裁がはっきりと意思表示したこと。
ニ.この事案の損害賠償金額が、少額訴訟レベルの55万円であることがほぼ確定したことから、今後、これをこえる訴訟は難しくなったこと。
ホ.地裁での争いとなれば、経費が出ない。つまり少なくとも商売にはならない。
ヘ.弁護士のメンツ上、取り下げは無理。今後、少なくとも1年は馬鹿がさらされる。
ト.代理人弁護士の素性と活動情報が表に出てきたこと。
チ.またまた、日弁連の本性と実態が明らかになったこと。
まあ、きりがないからこの辺で。

ブログNo.2625 2018年7月27日BU

HN negiへの返信
.....訴訟費用は基金だからね。寄付ではないから、訴訟が全部敗訴でない限りは利息付き?で戻ると思う。あくまでも戦いの手段である。

ブログNo.2635 2018年8月2日BU

 

HN まさおです 余命からの返信はナシ。
江戸せい、匿名への返信はナシ。

ブログNo.2697 2018年9月6日BU

 

所詮は他人事なのだ。
そう、余命は全ての訴訟をしてはいない。
余命の余の字もない。
余命プロジェクトの中で唯一実名で動いているのは五十六パパさん。
そして、部外者のククリーナ氏には支援を惜しまないようだ。

支援の具体的な内容 「ククリーナ氏への支援内容」 抜粋

「すみれの会」では対象が偏り、かつアバウトな支出に問題があったため、「やまと」「うずしお」は大幅に定款を書き換えて、実際の支出の領収書確認をもっての支払いに切り替えている。あくまでも提訴された場合での裁判経費負担であるが、弁護士費用を除いて公判維持のためのほぼ全額が支援可能だと思う。申請窓口は「やまと」実務は「うずしお」が担当する。「余命は部外者」なので審査をはじめ実務には関与していない。申請の詳細は「やまと」にご相談をどうぞ。
・支援に対する(私から余命への)見返りゼロ。

ブログNo.2671 2018年8月21日BU

 

自分への熱心な読者(信者)へのコメント

.....メールは毎日パンク状態なので倉庫の方にお願いする。
.....5万円は基金だからな。寄付ではないから、全部敗訴でない限りいずれは戻る。

あっさりとしたもんだ(笑
まあ。OKだよ よりはマシかな・・・・・
で、いつまでも続く私への捏造コメント、、、、
もう、聞き飽きた、、、、

.....すでに刑事告訴されているからな。二回目の証拠調べがあったから、そろそろかな。ただし、住所も電話も変わっているから、逮捕があるならお盆明けあたりになるかな。
「やまと」からは理事長印、銀行印、郵貯銀行印、口座残金の返還を求めているが、住所不定で連絡が取れない。これは「やまと」からの民事訴訟になる。口座は凍結しているが、それ以前の使用については通帳がこちらにないのでわからない状況である。

ブログNo.2636 2018年8月3日BU

倉庫なんてものはナイ(あれがそうならそうなのかも 笑 )
寄付ではない基金なので敗訴でない限り【いずれ】戻る(爆
まだですか?業務上横領ですか?電話も住所も変わっていませんがね~ あーー変わっているかな。社団法人やまとの住所と代表理事、、、、さっさと登記変更しろ。残念な市議の秘書に頼めよな。税務署からお手紙が届くんでね~

名古屋はこの人かな?

もも(momo)
余命爺さま、スタッフ皆様、いつもありがとうございます。
早速ですがご報告させて頂きます。
余命爺さまが仰っていたように、名古屋簡易裁判所より名古屋地方裁判所に移送するとの旨、封書が来ました。
次の指示をお待ちしています。

ブログNo.2695 2018年8月30日BU

当然、返信はナシ【 放置一択
今日の地裁での裁判記録の閲覧は情報の宝庫だった。
もちろん、被告の素性のことではない。
驚くべき事実は、今はまだわたしの胸に納めておこう。
想像が真実になるとき全てが明らかになる。

2 Comments

2750 せんたくこと小野誠のユーチューブ⑮ | 余命のコピーサイト にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。