地裁 傍聴レポート

東京地裁、横浜地裁静岡地裁名古屋地裁 公判一覧

東京地裁

平成30(ワ)26018 判決文 PDF 平成30年10月23日

原告 神原元、宋恵燕

代理人 事件番号 被告・代理人 日付・経過 裁判官
神原元
宋恵燕
※相互代理
平成30(ワ)
14392
■■■■ 54歳
ダブルパンチのまるこ
(靖国奉納40,000円)
代) ■■■■
平成30年6月29日
9月13日13:15(非公開)
10月26日11:45(非公開)
12月12日11:45(非公開)
12月4日反訴 ■■原告、神原被告 55万円
平成31年1月25日13:30(非公開)
3月11日書記官に電話、結審した模様
判決後まで裁判記録閉鎖し閲覧できず。
前澤達朗
中畑章生
神本博雅

原告 金竜介

代理人 事件番号 被告・代理人 日付・経過 裁判官
本多貞雅 平成30(ワ)
26010
■■■■
痩せフランケン
(靖国奉納なし)
平成30年9月28日
11月9日  530被告欠席連絡、答弁書提出
12月21日 11:00  530 被告出頭 乙49-72号証
平成31年2月15日 13:15  530 傍聴6人(■■■■■■■■ 他)
被告「原告の準備書面5は意味ないので反論しない。書面は出さないが意見はあるので、30秒時間をほしい。」
裁判長「短いのであれば…」
被告「原告準備書面5は、在日コリアンの人種差別を言っているが、甲9号証はただの思い込みに過ぎない
裁判長「調書に残します。(裁判官3人が10分の合議後)双方これ以上の主張が出ないようであるが続行します」
4月16日 10:00  526

谷口安史
川崎学
渡邉麻紀
針ヶ谷健志 平成30(ワ)
26012
■■■■ 61歳(靖国奉納20,000円) 平成30年10月5日 弁論の併合申立書、原告 金竜介 ワ)26013 と併合申立、東京7件、名古屋2件、静岡1件も同様の訴訟あり
10月15日弁 615 ① 被告欠席
11月26日弁 615 ② 被告欠席
裁判長「乙号証12~48までドカンと送られてきて、まだ読んでない」
平成31年1月9日11:00 弁③ 被告欠席
2月18日11:00 弁④ 615 被告から連絡あり、欠席 傍聴3名(■■■士、■■■弘、■■■之)
3月20日13:30 弁論準備 非公開

品川幸男
長谷川秀治
上野瑞穂
髙橋済
弁論の併合申立先
平成30(ワ)
26013
■■■■ 59歳
ウエストポーチもののふ
(靖国奉納6,000円)
平成30年9月18日 712 弁論① 被告欠席
11月6日 712 弁論② 被告出、代理無
・求釈明に対し、答弁書を11/4にFaxしたはず、しかし目次だけしか裁判所に届かない
・同じ立場の複数の人の中で詳しい人に作ってもらった=非弁行為を法廷で証言
12月18日 712 弁論③ 被告出
平成31年2月12日 13:15 弁論④ 傍聴8名(■■■■■■ 他)
原告「人証(人的証拠)申請せず甲9号証を陳述」
裁判長「原告第5準備書面に反論がなければ次回で終結」
被告「もうこれ以上提出する書面はありません
4月16日 13:15 弁論⑤終結? 712
鎌野真敬
中西永
三浦あや
平成30(ワ)
26014
田嶋浩 平成30(ワ)
26015
■■■■
HN「江戸せいミラーBU
サンプラザ極道

55-60歳?
(靖国奉納6,000円)
平成30年9月27日 被告欠席
11月12日 502 弁論②
原告代理人からの質問に
被告「わかりません」
原代「証拠を自分で書き、捺印してわからないとはどういうことだ!(激昂)
裁判官「大きな声を出さないで」
被告「.....」
期日変更3月15日13:15 610 弁論③次回合議制
傍聴3名 ■■■士、■■■英、■■■
被告、前回と違い礼儀正しく謙虚
原告、被告双方和解するつもりはない、弁論終結
4月26日 13:15 判決
阿波野右起
田嶋浩 平成30(ワ)
26016
■■■■ 65歳
1億元社長
会社経営 資本金1億円
(靖国奉納60,000円)
平成30年10月25日 被告欠席
11月20日 527 弁論②被告出頭
私ども、いや私は、弁護士会長声明が憲法違反なので懲戒請求した。それ以外の理由は調査検討していない」
平成31年1月15日10:30  527 弁③
LAZAKの活動内容はよくわからないが、憲法89条違反を言わないのは朝鮮学校への補助金支給の考えが同じであると推測できるから、金竜介を懲戒請求した」
3月19日14:00  527 弁④
男澤聡子
瀬沼美貴
奥山直毅
(民26部)
児玉晃一 平成30(ワ)
28536
■■■■
(靖国奉納なし)
平成30年11月16日 弁論①
被告 答弁書なし、公判欠席
平成31年2月15日13:10  510 期日変更開廷せず
4月19日13:10  510 結審、判決
田中秀幸
品川秀基
細包寛敏
(民39部)
本多貞雅 平成30(ワ)
26018
■■■■ 47歳
(靖国奉納3,000円)
平成30年10月9日 13:20 705 被告欠席、答弁なし
10月23日13:10 705 被告欠席、請求額55万円に対し判決 33万円
双方、控訴

高裁控訴
平成30(ネ)4809 19民
平成30(ネ)5402 16民

浅香幹子
針ヶ谷健志 平成30(ワ)
26325
■■■■ 54歳
こぶ平
twitter
@■■■■
(靖国奉納9,000円)
平成30年10月12日 13:30 806 被告出頭、答弁1,2提出
裁判長「弁論の併合はしないし、出来なくなりました」

12月4日 806 被告出頭
原告「懲戒請求に原告が選ばれた理由は?
被告「予め印刷された懲戒請求書に署名捺印しただけ。専門チームが作っているので。(選んだ理由はわからない)」
平成31年1月18日10:00 傍聴5人
原告代「原告の陳述書を提出します」
被告 余命著書を2冊被告机に置く「外患誘致罪」「共謀罪と日韓断交」
反論しません
2月26日11:00  傍聴4名(■■■之、■■■人、■■■士 他1
被告 余命著書を2冊被告机に置く「外患誘致罪」「共謀罪と日韓断交」(傍聴席に向け)
被告「30秒いや15秒くらいでひとつだけ主張したいのですがいいですか?えーっと、原告は人種差別と主張しているんですけど、これは在日コリアンの思い込みであり
在日コリアンに対して批判に対して差別ということで攻撃しているものに過ぎないかなと思いました、以上です
(裁判官三名別室合議後)弁論終結
4月23日13:00 判決

氏本厚司
鈴木友一
鈴木実里
髙橋済(ワタル) 平成30(ワ)
26680
■■■■ 40代?
カッパ沙悟浄
(靖国奉納なし)
平成30年10月18日 被告欠席、答弁1、2出
11月29日 704 被告出頭 弁①
裁判長「懲戒請求された弁護士で一文字姓の韓国名を選んだ理由は?」
被告「LAZAKは人種差別をされているという活動をしているから」
裁判長「役員ではない原告金竜介を選んだ理由を次回書面で示して」
平成31年1月17日10:30 704 弁②(傍聴6人)
裁判長「複数の同様の訴えが出ているが共同行為ではないということですか?」
原告代「個別の不法行為なので具体的な損害を陳述します」
2月21日13:30 704 弁③ 傍聴6名(■■■之、■■■英、■■■弘、■■■士 他2名
4月18日 13:15 704 結審?
田中邦治
児玉晃一 平成30(ワ)
27731
■■■■ 62歳
かまち のりこ
(靖国奉納3,000円)
平成30年10月16日 被告欠席、答弁1、2出
11月27日 806 弁論②
裁判長「甲3,4号証は原本と違いないですか?」
被告「わかりません(照れ笑い)」書記官が対比を促す
原告「原告を懲戒請求し選んだ理由として『LAZAKと思慮した』とありますがどういうことですか?」
被告「私が選んだわけではありません、全体で決めたこと…
平成31年1月22日10:00 弁③ 出廷 傍聴3人
裁判官「…主張されますか?」
被告「.....(首かしげる)」
裁判官「はいかいいえどちらですか」
被告(小さい声で)「ハイ」
裁判官「統一戦線でなく固有の主張しますか?」
被告「.....」
2月19日10:00 弁④ 傍聴4名(■■■ 士、■■■ 弘、■■■ 之、他1)
原告「弁論が尽きてますので結審を」
裁判官 (別室合議後)
「結審しますが反論があれば継続します。判決には被告は出頭しなくてもいいです」
4月23日13:10 判決予定(再開する可能性あり) 

氏本厚司
長井清明
鈴木実里

 

原告 金哲敏(キムチョルミン)

代理人 事件番号 被告・代理人 日付・経過 裁判官
児玉晃一 平成30(ワ)
26006
■■■■ 50-60歳?
ともさかチビ
(靖国奉納なし)
平成30年10月1日10:45
11月12日 606 弁論②
甲3.4号の原本確認が被告が訴状を持参しないため確認できず、次回持越し
懲戒請求者18名を理由を聞かれ答えに窮し、「素人なので専門チームに助けてもらい、言葉はわからない
12月17日13:30 606 弁③
平成31年1月28日13:30 606 弁④ 傍聴4名
裁判官「25日に準備書面3が出され、LAZAKの活動や平成19年の最高裁判決に基づき反論せよ。更に追加反論しますか?」
原告「準備書面3の趣旨は何?」
被告「...2月22日までに準備書面を必要があれば出します」
※法廷外で原告から聞き取り「準備書面3には『徴用工』や『レーダー照射』と書かれていたが、裁判となんの関係があるのか?」後日閲覧して報告します。
3月11日15:00 606 弁⑤ 結審
傍聴4名(■■■士、■■■之、■■■子 他1名)
被告「裁判長!最高裁判決で平成23年ではなく平成19年の方を採用した理由を教えてもらえませんか?
裁判長「…判決文に書いておきます」
5月27日 13:10 606 判決
三木素子
遠田真嗣
山田裕貴
本多貞雅 平成30(ワ)
26323
■■■
金星人
(靖国奉納なし)
本人答弁書
平成30年8月14日 簡裁からの移管
9月15日 606 弁論の併合申立書、原告 金竜介 ワ)26013 と併合申立、東京7件、名古屋3件、静岡1件も同様の訴訟あり
9月27日 被告欠席弁論①
11月15日 606 弁論②
被告出廷 裁判資料持参
裁)「乙号証は写しですか?」
被)多分そうだと思います
我々の有志のチームが…」
併合を申出ているので…」
僕個人的な見解では多分…」
12月20日10:00 606 弁③ 乙49-72号証
平成31年2月21日 10:00 傍聴3名■■■之、■■■英、■■■弘)
4月18日 10:00 終結予定 606 
飛澤知行
中保秀隆
井廻直美
本多貞雅 平成30(ワ) ゲルンジー牧場
余命2625記事
平成30年7月20日簡裁から地裁に移送
本多貞雅 平成30(ワ)
26679
■■■■ 43歳
Dr.スレンダーアラレちゃん
(靖国奉納6,000円)
平成30年10月11日10:30 被告未送達
11月19日 705 被告出頭
裁判長から質問にすべて「わかりません」
被告の「専門チームが回答します」に対し 裁判長は「非弁行為に当たるので弁護士に委任しなさい」と諭すが被告はその深刻さを理解できていない模様
平成31年1月21日10:45 705 被告出廷
答弁書の発送郵便局が、さいたま中央、□□北、上尾
乙49-72号証まで写し 傍聴8名(ブログ閲覧不可のためか最多)
3月4日10:15 705 傍聴5名(■■■士、■■■之、■■■、他2名)
被告「追加の主張はないので早めの終結を…
4月15日10:15 705 終結予定

原克也
砂古剛
小久保珠美
児玉晃一 平成30(ワ)
26687
■■■■ 43歳
スケベ分け
(靖国奉納6,000円)
平成30年10月11日 弁①被告欠席
11月22日 606 被告出頭
答弁書は専門のチームで作っている。弁護士資格を持っているものが作っている。代理人はつかない
■■■士、■■■之他4名傍聴
平成31年1月31日10:00 606
4月11日10:00 結審
飛澤知行
長妻彩子
井廻直美
髙橋済(ワタル) 平成30(ワ)
27290
■■■■64歳
オレンジリュック五分刈り
(靖国奉納10,000円)
平成30年11月12日 611 弁①被告欠席、裁判所から電話通じず
原告から求釈明前に被告から準備書面が出される
平成31年1月21日 10:00 611 被告出廷
乙号証48まで写し、傍聴7名?
2月25日13:30 傍聴2名(■■■士、■■■之)
4月22日15:00 611
河合芳光
大寄久
土屋利英
針ヶ谷健志 平成30(ワ)
27725
■■■■ 55-60歳?
ほうれい深ぇ
(靖国奉納なし)
平成30年10月19日10:20 弁①被告欠席
12月21日10:20 510 弁②被告出頭
平成31年2月8日 13:30 510 終結 傍聴11名
原告から3,4,5準備書面、甲9号証原本提出
裁判長「判決には被告は来なくてもいですよ」
4月19日 13:10 510 判決言い渡し
田中秀幸
品川秀基
細包寛敏
針ヶ谷健志 平成30(ワ)
28088
■■■■ 54歳
ダブルパンチのまるこ
(靖国奉納40,000円)
※代理人なし
平成30年10月15日 津崎尚道 記録閲覧(利害関係者として)
10月17日 611 弁①被告欠席
11月30日 611 弁②被告出頭
裁判長から、8名と原告金哲敏を懲戒請求に選んだ理由を明確にせよ、平成19年の最高裁判決はどのように考えるのか明確にせよ 次回に答弁せよのこと
原告「原告がLAZAK構成員関係者だからでは?それ以外に理由はあるのか?」
平成31年2月8日11:00 611 傍聴12名
原告から新たに3,4,5の準備書面提出
被告「まだ読んでいない。しかしこれ以上反論はしないので早く結審して欲しい。
被告「原告の金哲敏を選んだのは私ではない、誰が選んだのか知らない余命三年時事日記ブログを信頼し信用し、申し込んで、郵送で送られてきた懲戒請求書に署名捺印した。
裁判長「選ぶのは自分自身で考えるべきだが、ブログのどの部分を見たのか?」
被告「ブログのどこに書かれているのかわからない。反論書面は出せない出せない理由は無い、言えない。早めの結審を希望します。
開廷せず、3月1日13:15 611 期日変更、未定
杜下弘記
古賀大督
木村周世
田嶋浩 平成30(ワ)
28796
■■■■40歳?
痩せブロイラー改
中肉中背洒落メガネリーマン
(靖国奉納 名前のみ)
平成30年10月15日13:20 弁①、被告出頭連絡あったが出頭せず。答弁書1,2は提出
11月26日 13:30 526 弁②
被告出頭「弁護士会が憲法違反外患罪なので懲戒請求した。原告 金哲敏はLAZAKで、会長声明に反対しないので懲戒請求に値する」
平成31年1月29日 13:40 526 弁③ 傍聴4名(法廷で傍聴しない、1億元社長と内緒話する還暦過ぎの白短髪の工作員確認)
原告 甲9号証 原告陳述書
被告「反論します」
3月12日13:30 526 弁④ 傍聴6名(立山徹、肥後信嗣、■■■士、■■■之、■■■弘、他1名傘木?)
原告から第5準備書面提出
被告からは反論が提出されず、口頭で「人種差別というのは原告の思い込みである 原告はLAZAK会員であることは事実だ 書面での反論はしませんので結審してください」
裁判長「被告から反論が出るはずだったが、次回まで続行し、反論があれば出してください」
4月22日13:15 526 弁⑤
松田典浩
安田裕子
加賀谷友行
髙橋済(ワタル) 平成30(ワ)
28797
■■■■ 65-75歳
法廷で余命ゲロ!
(靖国奉納なし)
平成30年10月19日 弁①被告欠席
12月7日 526 被告欠席
裁判長「被告欠席しているが継続したい」
平成31年1月25日 10:15  526 傍聴4名
被告答弁書、証拠提出したのは余命プロジェクトであって、私は出していません。私が出したものではないので書面を見せてもらえませんか?私が捺印していまません。出した覚えはありません。余命三年時事日記というブログ知りませんか?そのブログでは、法律事務所から来た郵便は無視しろと、裁判所からの特別送達はコピーを送れと指示された。余命プロジェクトからは裁判に出る必要はないと。しかし、放置したままで判決が出てしまうことがわかって慌てて出ることにした。金さんなんて覚えていない。
原告「非弁行為なので調書にとどめてください」
裁判官「弁護士以外に頼むのは許されない、弁護士に頼んでください」
3月8日 13:30  526 傍聴者4名(■■■之、■■■英 、他2名)
被告から主意的?答弁書乙5号が提出、次回予備的答弁書の提出、陳述
4月22日 10:15 522
市川多美子
八木文美
杉本岳洋
(民43部)
田嶋浩 平成30(ワ)
27293
■■■■50代?
アンコさん
(靖国奉納 名前のみ)
平成30年10月25日10:00 弁①被告欠席、答弁書1,2は提出、併合の申立あり
12月6日 615 被告出頭
原告「金哲敏などを懲戒請求したのは韓国系の一文字せいだからか、理由は?」
被告「私達の方で選んだわけではない、誰が選んだかわからない、私達には理由はわからない
平成31年1月24日10:10 615 傍聴1人 もののふ
被告「反論するか即答できませんが、準備書面5が出てから検討します」
答弁書発送郵便局の消印 銀座が多い
3月6日10:00 610 合議制 傍聴5名(■■■之、■■■士、■■■英、■■■苗 他1名)
裁判長「原告から第5準備書面が出ていますが反論しますか?」
被告「書面で全て言いたいことは書いてあるのでもう反論はしません、早く結審してほしい
原告「ま、ほかも皆同じなんで(答弁書を)書いてくれる人がいなくなったので反論が出る余地がない
4月10日 10:05 610 結審?
東亜由美
内藤寿彦(民15部)

原告 佐々木亮・北周士

理人 事件番号 被告・代理人 日付・経過 裁判官
北 周士
佐々木亮
兒玉浩生
倉重公太郎
嶋崎 量
田畑 淳
向原栄大郎
山田祥也
平成30(ワ)
34520
■■■■ 青森
(1949年生、靖国3,000円)
■■■■ 山形
(1971年生、靖国90,000円)
■■■■ 滋賀
(1948年生、靖国奉納無し)
■■■■ 奈良
(1961年生、靖国10,000円)
■■■■ 高知
(靖国奉納無し)
■■■■ 鹿児島
(1973年生、靖国奉納無し)
※代理人 無
平成30年11月2日午後 訴状提出
33万×2×6人=396万円
12月14日 5人から答弁書(ささきりょう@ssk_ryo‏
12月25日 10:00 526 ①弁論 被告全員欠席
記者会見映像より
「全員から答弁書が提出されているが、似ているものの、微妙に語尾や改行に違いがある。単純なコピーではない。」
平成31年2月1日10:30 530 傍聴人約20名
■■■■■■■■■■出頭、■■(高知)欠席
■■(鹿児島)による「日本国民として全く理解できない」という演説原稿を半分に破り、コピーし、被告全員が同意後、答弁書として提出される。弁論終結。
4月12日13:30 530 判決
(民事16部)
北 周士
佐々木亮
兒玉浩生
倉重公太郎
嶋崎 量
田畑 淳
向原栄大郎
山田祥也
平成30(ワ)
39431
■■■■ 岩手
(1976年生、靖国奉納無し)
■■■■ 滋賀
(靖国奉納無し)
■■■■ 北海道
(1969年生、靖国奉納無し)
■■■■ 石川
(靖国奉納無し)
■■■■ 秋田
(1978年生、靖国8,000円)
■■■■ 長崎
(1963年生、靖国200,000円)
■■■■ 大分
(1986年生、靖国3,000円)
■■■■ 岩手
(靖国3,000円)
■■■■ 新潟
(1972年生、靖国13,000円)
■■■■ 北海道
(1966年生、靖国20,000円)
33万×2×10人=660万円
2月12日 ■■■■ 滋賀から答弁書「法的弱者の懲戒請求者が弁護士から報復される行為が認められるのか?
平成31年3月14日10:00 522(傍聴5人 三宅雪子、他4名、既出の被告傍聴者は無)
被告全員欠席
被告10 ■■以外9名から答弁書提出
裁判長「4月4日までに被告から答弁書を出させ、それに対する原告からの準備書面を出してもらい、さらに被告からの反論を出させて、期日を重ねないようにします。」
5月30日10:00 522
武笠
辻山千絵
高橋
(民事49部)
北 周士
佐々木亮
兒玉浩生
倉重公太郎
嶋崎 量
田畑 淳
向原栄大郎
山田祥也
平成30(ワ)
39432
■■■■ 大分
(靖国奉納なし)
■■■■ 宮崎
(靖国奉納なし)
■■■■ 茨城
(1989生 靖国 2,000円)
■■■■ 北海道
(靖国奉納なし)
■■■■ 宮城
(靖国奉納なし)
■■■■ 茨城
(靖国奉納なし)
■■■■ 新潟
(靖国奉納なし)
■■■■ 長野
(靖国奉納なし)
■■■■ 三重
(靖国奉納なし)
■■■■ 鳥取
(靖国奉納なし)
※裁判所から被告への特別送達に答弁書の書き方マニュアルと雛形が同封されている模様

被告1答弁書「弁護士のツイッターは恐怖でした 不当な懲戒請求とは思っていない」
被告4答弁書「原告は朝鮮学校声明に賛同し推進している (告訴は)恫喝である
被告5答弁書「日弁連が受理したから損害賠償請求は間違い
被告6答弁書「報復であり脅迫だ 個人情報を違法に扱った 不適切で断じて許すことができない
被告7答弁書「日弁連が受理したものを不当として裁判を起こすこと自体間違い
被告10答弁書「懲戒請求の原因は追って認否 原告の請求を棄却する」
平成31年3月18日10:00 510
傍聴4名(横浜で既出のまとめ役70歳代170cm、老婆、初老男余命ゲロ
出頭被告 ■■■(宮城70代女)、■■(新潟40代男)2名出頭
裁判長「出頭2名を含め8名の答弁書が出ているが、2名がまだ出していない。被告の反論期限 4月15日、原告の準備書面 5月13日で次回で結審?」
6月10日10:00 510 弁②


松本真
早山眞一郎
今泉颯太
(民事49部)
北 周士
佐々木亮
兒玉浩生
倉重公太郎
嶋崎 量
田畑 淳
向原栄大郎
山田祥也
平成31(ワ)
1672
■■■■ 東京
(靖国奉納なし)
■■■■ 千葉
(1982年生、靖国名前のみ)
■■■■ 愛知
(靖国奉納なし)
■■■■ 香川
(1955年生、靖国 121,000円)
■■■■ 徳島
(1959年生、靖国 10,000円)
■■■■ 青森
(1961年生、靖国 6,000円)
■■■■ 秋田
(靖国奉納なし)
■■■■ 山形
(1954年生、靖国 3,000円)
■■■■ 静岡
(1961年生、靖国 30,000円)
■■■■ 三重
(1954年生、靖国 60,000円)
※裁判所から被告への特別送達に答弁書の書き方マニュアルと雛形が同封されている模様

被告3答弁書「懲戒請求が弁護士会に受け付けられたので不当ではない この提訴が不当である 法のプロによる法の素人への嫌がらせ、金儲け
被告4答弁書「原告の請求を却下 懲戒請求の原因は追って準備書面にて
被告7答弁書「弁護士は懲戒請求されないように活動すればよい 『落とし前をつける 震えて待て』は弁護士の品位に欠ける
被告9答弁書「構成要件が成り立たず適法性がない (被告の)あいまいな知識や思い込みによる行為は許容される 請求者の情報が弁護士に漏れたのは個人情報の目的外利用
被告10答弁書「弁護士会会長声明は憲法違反 弁護士会が却下しなかった 弁護士会が個人情報を弁護士に渡すとは、弁護士会は一体どうなっているのか、それでも法律家か!

平成31年3月19日13:15 712

 (民事23部)
北 周士
佐々木亮
兒玉浩生
倉重公太郎
嶋崎 量
田畑 淳
向原栄大郎
山田祥也
平成31(ワ)
1673
肥後信嗣 東京
(1966年生、靖国 20,000円)
■■■■ 香川
(靖国奉納なし)
■■■■ 長野
(1951年生、靖国 18,000円)
■■■■ 茨城
(靖国奉納なし)
■■■■ 岩手
(1942年生、靖国 3,000円)
■■■■ 茨城
(1964年生、靖国 3,000円)
■■■■ 福井
(1971年生、靖国 8,000円)
■■■■ 山梨
(靖国奉納なし)
■■■■ 徳島
(1949年生、靖国 10,000円)
■■■■ 愛媛
(1960年生、靖国名前のみ)
※裁判所から被告への特別送達に答弁書の書き方マニュアルと雛形が同封されている模様
(3月4日時点 答弁書未着)
平成31年3月27日13:15 631
 (民事24部)
平成31(ワ)
4973
10人    (民事13部) 
平成31(ワ)
4974
10人    (民事37部) 
平成31(ワ)
4976
10人     (民事17部) 
平成31(ワ)
4977
10人   (民事23部) 
平成31(ワ)
4978
10人     (民事24部) 
平成31(ワ)
4981
10人    (民事28部) 

原告 小倉秀夫

代理人 事件番号 被告・代理人 日付・経過 裁判官
平成30(ワ)
21645
エックスサーバー
発信者情報開示請求
平成30年
10月4日10:30 弁論 630

横浜地裁

横浜地裁

原告 嶋﨑量

代理人 事件番号 被告・代理人 日付・経過 裁判官
佐々木亮
北 周士
兒玉浩生
倉重公太郎
田畑 淳
向原栄大郎
山田祥也
西川 治 (代)
山岡遥平
平成30(ワ)
4749
■■■■ 北海道
(1977生 靖国奉納6,000円)
■■■■ 岡山
(1952生 靖国奉納6,000円)
■■■■ 鹿児島
(靖国奉納なし)
■■■■ 愛媛
(1971生 靖国奉納100,000円)
■■■■ 静岡
(靖国奉納なし)
庵原克己 静岡
(靖国奉納なし)
訴額198万円(33万×6)
平成31年1月31日10:30 607
原告嶋崎及び2名の代理人出廷。
被告■■■■は答弁書提出するが出頭せず。ほか5名は和解し訴状取り下げ。
平成31年3月7日11:30 弁論準備(非公開)
4月22日13:30 電話弁論(非公開)

(民事5部)
佐々木亮
北 周士
兒玉浩生
倉重公太郎
田畑 淳
向原栄大郎
山田祥也
西川 治 (代)
山岡遥平
平成30(ワ)
4750
■■■■ 山口
(1970生 靖国奉納10,000円)
■■■■ 愛知
(1974生 靖国奉納30,000円)
■■■■ 福岡
(1955生 靖国奉納20,000円)
■■■■ 埼玉
(1975生 靖国奉納4,000円)
■■■■ 埼玉
(靖国奉納なし)
■■■■ 愛知
(靖国奉納なし)
訴額198万円(33万×6)
平成31年2月5日13:30 606 3名傍聴
裁判長「■■(山口)、■■(愛知)、■■(愛知)は答弁書を提出するがほか3名は提出していないが、全員足並み揃えて継続する」
平成31年3月26日10:30  併合
(民事8部)
佐々木亮
北 周士
兒玉浩生
倉重公太郎
田畑 淳
向原栄大郎
山田祥也
西川 治 (代)
山岡遥平
平成30
(ワ)4751
下記と併合
■■■■ 滋賀
(靖国奉納なし)
■■■■ 北海道
(靖国奉納なし)
■■■■ 宮城
(靖国奉納なし)
■■■■ 福岡 和解書送
(靖国奉納なし)
■■■■ 愛知
(1946生 靖国奉納 3,000円)
■■■■ 兵庫
(靖国奉納なし)
訴額198万円(33万×6)
平成31年2月1日13:15 502
被告全員欠席
被告■■■■(福岡)が和解書を提出したが訴外とみなすかどうかは検討
平成31年3月15日14:30 502 併合
傍聴 23~24人、選定当事者にならなかった被告及び家族が13-14人他 立山徹、■■■之、東京で数回傍聴する60歳代メガネ
被告席に■■(滋賀)、■■(宮城)、■■(愛知)が着席(選定当事者)他の被告は傍聴していた模様
原告「陳述書の内容はコピー」
裁判長「人証必要ないということでいいですね」合議後「弁論終結します」
5月10日13:10 502 判決

長谷川浩二
小松秀大
長岡慶
(民事9部)
佐々木亮
北 周士
兒玉浩生
倉重公太郎
田畑 淳
向原栄大郎
山田祥也
西川 治 (代)
山岡遥平
平成31
(ワ)368
上記と併合
■■■■ 宮城
(靖国奉納なし)
■■■■ 愛知
(靖国奉納なし)
■■■■ 千葉
(靖国奉納なし)
■■■■ 兵庫
(靖国奉納なし)
■■■■ 群馬
(靖国奉納なし)
■■■■ 高知
(1959年生、靖国10,000円)
■■■■ 埼玉
(靖国奉納なし)
■■■■ 北海道
(靖国奉納なし)
■■■■ 新潟
(靖国奉納なし)
■■■■ 滋賀 和解?取り下げ済
(1959年生、靖国40,000円)
訴額330万円
33万円×10人
平成31年3月15日14:30 502 併合
傍聴 23~24人、選定当事者にならなかった被告及び家族が13-14人他 立山徹、東京で数回傍聴する60歳代メガネ
被告席に■■(新潟)のみが着席(選定当事者)他の被告(70歳代)が傍聴席に座ろうとしたが、書記官から選定されていないため傍聴席へ
■■(新潟)のみ 5月10日13:10 502 判決
■■(新潟)以外9名 弁論続行 5月30日13:15 502 
長谷川浩二
小松秀大
長岡慶
(民事9部)
佐々木亮
北 周士
兒玉浩生
倉重公太郎
田畑 淳
向原栄大郎
山田祥也
西川 治 (代)
山岡遥平
平成30(ワ)
5104
■■■■ 東京
(1954年生、靖国10,000円)
■■■■ 神奈川
(靖国奉納なし)
■■■■ 神奈川
(靖国奉納なし)
■■■■ 東京
(1942年生、靖国9,000円)
■■■■ 東京
(靖国奉納なし)
■■■■ 神奈川
(靖国奉納なし)
■■■■ 東京
(1976年生、靖国3,000円)
■■■■ 神奈川
(1954年生、靖国10,000円)
■■■■ 東京
(靖国奉納なし)
■■■■ 千葉
(1968年生、靖国30,000円)
訴額330万円
33万円×10人
平成31年3月7日 13:30 弁① 傍聴4名
被告3(横浜)、被告8(愛甲郡)出頭
欠席被告の内2名和解、7名答弁書、1名終結
被告3(横浜)「神奈川県弁護士会会長声明は憲法違反なので陳述書を書きます
4月25日 13:30 弁② 13:30 608
濱口浩
(民事8部)
佐々木亮
北 周士
兒玉浩生
倉重公太郎
田畑 淳
向原栄大郎
山田祥也
西川 治 (代)
山岡遥平
平成31
(ワ)364
■■■■ 愛知
(靖国奉納なし)
■■■■ 栃木
(靖国奉納なし)
■■■■ 沖縄
(1966年生、靖国6,000円)
■■■■ 兵庫
(1948年生、靖国15,000円)
■■■■
(1969年生、靖国10,000円)
■■■■ 山形
(靖国奉納なし)
■■■■ 千葉
(靖国奉納なし)
■■■■ 埼玉
(靖国奉納なし)
■■■■ 滋賀
(靖国奉納なし)
■■■■ ?北海道
(靖国奉納なし)

訴状に閲覧制限
平成31年3月7日 10:10 傍聴5名(1名のみ東京既出、他4名初見)

■■(埼玉) 出頭、答弁書、証拠提出済み、他被告8名答弁書提出
「選定代理人が出てくれるはずだったのに…他の方と面識ないので別に…」
原告「沖縄の方の本人確認ができないと…」
裁判官「那覇地裁に来てもらいますから確認できます ■■さん(埼玉)のみ弁論終結します」
4月11日 13:10 判決■■(埼玉)
4月25日15:00 弁論 上記以外9名
石橋俊一 
齋藤巌
川野裕矢
(民事4部)
佐々木亮
北 周士
兒玉浩生
倉重公太郎
田畑 淳
向原栄大郎
山田祥也
西川 治 (代)
山岡遥平
平成31
(ワ)365
■■■■ 静岡
(靖国奉納なし)
■■■■ 兵庫
(1949年生、靖国10,000円)
■■■■ 千葉
(1953生、靖国140,000円)
■■■■ 長崎
(1941年生、靖国3,000円)
■■■■ 滋賀
(1963年生、靖国3,000円)
■■■■ 愛知
(靖国奉納なし)
■■■■ 新潟
(1962年生、靖国6,000円)
■■■■ 北海道
(靖国奉納なし)
■■■■ 埼玉
(1949年生、靖国3,000円)
■■■■ 徳島

(靖国奉納なし)
平成31年3月19日 10:15  (民事7部)
佐々木亮
北 周士
兒玉浩生
倉重公太郎
田畑 淳
向原栄大郎
山田祥也
西川 治 (代)
山岡遥平
平成31
(ワ)366
■■■■ 群馬
(靖国奉納なし)
■■■■ 愛知
(1962年生、靖国3,000円)
■■■■ 滋賀
(1963年生、靖国46,000円)
■■■■ 兵庫
(1970年生、靖国 名前のみ)
■■■■ 茨城
(1956年生、靖国3,000円)
■■■■ 千葉
(1958年生、靖国3,000円)
■■■■ 新潟
(1966年生、靖国50,000円)
■■■■ 埼玉
(1960年生、靖国12,000円)
■■■■ 北海道
(靖国奉納なし)
■■■■ 長崎
(靖国奉納なし)
訴額330万円
33万円×10人
平成31年3月26日10:30  併合
 (民事8部)

原告 津崎尚道(余命三年時事日記 2627記事ミラーサイト

代理人 事件番号 被告・代理人 日付・経過 裁判官
無し 平成30(ワ)
3020
被告 三木恵美子
(第21240号)
代理人 杉本朗
代理人 井上啓
代理人 小島周一
代理人 佐藤正知
代理人 太田伊早子
代理人 向川純平
代理人 笠置裕亮
代理人 藤塚雄大
代理人 相曽真知子
代理人 辛鐘建
訴額  60万円
請求の原因)被告三木は社会福祉法人青丘社の代理人弁護士として横浜地裁川崎支部への仮処分の申立 平成28(ヨ)42号における内容が虚偽などを含み申立事件の被申立人(債務者)である原告津崎尚道の名誉等の人格的利益を侵害したことに対する損害賠償請求である。
当事者)原告津崎は瑞穂尚武会の代表。反日と戦う人を支援する会であり、デモ街宣用機材等を貸し出す等の活動をしている。
平成30年12月18日 10:30 609
平成31年2月14日 1:15 判決 609 傍聴12人(■■■■■■■■、立山徹、亀澤佐知子、神奈川新聞 石橋学等
原告の請求を棄却、訴訟費用は原告負担とする
加本牧子
(8民事部)

原告 津崎尚道、立山徹、亀澤佐知子 他717名 計720名

上記選定当事者を除く他の原告717名の押印については別添「選定書」におけるものを援用する。

代理人 事件番号 被告・代理人 日付・経過 裁判官
無し 平成30(ワ)
4206
被告 神原元(第27783号)
被告 神奈川県弁護士会
被告 宋惠燕
被告 姜文江
代理人 石黒他多数
訴額  7億2000万円
印紙代振込 218万円
郵券   6,000円
請求の趣旨)
1.被告らは各原告に対して各金30万円を払え
2.神原元及び神奈川県弁護士会は、各金70万円を払え
請求の原因)
弁護士会は懲戒請求した人の個人情報を神原、宋、姜に無条件に交付した。
通知書、合意書を送付した個人情報の目的外使用。神原はツイッターを用いて誹謗中傷し、侮辱し及び脅したこと等(以下本件中傷脅迫という)に対する損害賠償請求である。
平成31年1月31日 10:10
原告 三名出廷 但し、亀澤佐知子は替え玉疑惑?
被告 神原元、姜文江、石黒 他5名、計8名が法廷内、傍聴席に10名程度
裁判長「選定者717名のうち2名が取り下げ申立」
被告「届いていないので取り下げするか否か検討します」
被告代理人 石黒「原告の選定行為が有効なのか否か疑問」

裁判長「とりあえず有効と判断」
4月11日 10:30 503
(4民事部)

静岡地裁

静岡地裁

原告 金竜介

代理人 事件番号 被告・代理人 日付・経過 裁判官
平成30(ワ)
577
■■■■ 68歳
(靖国奉納13,000円)

原告 金哲敏(キムチョルミン)

代理人 事件番号 被告・代理人 日付・経過 裁判官
平成30(ワ)
578
■■■■
(靖国奉納なし)

名古屋地裁

名古屋地裁

原告 金竜介

代理人 事件番号 被告・代理人 日付・経過 裁判官
平成30(ワ)
3813
■■■■ 62歳
(靖国奉納13,000円)
(民5部 田辺書記官)
平成30(ワ)
3814
■■■■
(靖国奉納なし)
(民5部 田辺書記官)

原告 金哲敏(キムチョルミン)

代理人 事件番号 被告・代理人 日付・経過 裁判官
平成30(ワ)
3815
■■■■
(靖国奉納なし)
(民7部 勝俣書記官)
平成30(ワ)
3816
■■■■
(靖国奉納なし)
(民7部 勝俣書記官)